私たち、OIDEYOハウスについて

OIDEYOハウスの理念

私たちは、「はたらく」という言葉の意味を、お金を稼ぐだけではなく、ご自分の強みを活かしながら「誰かの役に立つこと」「誰かから必要とされること」「誰かとつながること」であると定義します。

そして、利用されている方が「はたらく」ことを通して、地域の個人あるいは団体とのつながりを拡げお互いになくてはならない関係性を創造し、利用されている方が喜びや満足感をできるだけたくさん実感していただけるよう努め、自信を持って生きていける支援を行います。

生活介護事業所です

OIDEYOハウスは、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業所です。

利用されている方それぞれの思いを大切にしながら、日中活動の支援を提供しています。

作業として、利用者の方の感性表現を活かした雑貨制作、地元のりんごなどを使用したドライフルーツ製造、工場用のウエス製造を行い、地域イベントや県内外の店舗等で販売しています。
併せて、市内外の企業様などから乾燥加工食品、医療用製品、工業製品などに関わる各種委託作業も行っています。

また、作業以外の活動として、利用されている方の声をもとに様々なリフレッシュの機会も作っています。

OIDEYOハウス1日の流れ

8:30  送迎
9:30  朝のミーティング~本日の予定確認~ラジオ体操
1000  午前の作業
12:0013:00  昼食・カフェタイム
13:0015:15  午後の作業
15:15  清掃~帰りの準備~1日の振り返りミーティング
15:50  送迎

作業の内容

雑貨製作(雷グッズ・織り製品)

織物の様子

皆さん、作業開始5分前には席に着いて仕事を初めます。

その後は、ご自分で好きな色の糸を選びながら、黙々と丁寧に生地を織っていきます
ゆっくりですが着実に技術を磨いています。

食材乾燥作業

食材乾燥作業の様子

「おいしく、安全な乾燥食品を皆さんに届けたい」そんな気持ちを込めて毎日仕事に取り組んでいます。

朝のミーティングから始まり、手順の確認、衛生面のチェックなど、どれも欠かすことができません。

そこに携わる利用者さんの顔は真剣そのもの。自分の次の目標に向け、新しいことにチャレンジし続けています。

委託作業

地域の企業様や農家様などの「ここ、手伝ってほしい!」「これやってくれると助かる!」という声に応えながら、様々な委託作業を行なっています。

利用されている方のそれぞれのペースで、丁寧に正確に作業を行なっています。

その他、いろいろな活動

希望される方には、料理、カラオケ、買い物、喫茶店など、リフレッシュの時間も作っています。
また、市内外の様々なイベントへの出店も定期的に行なっています。

施設概要

0-1

運営主体 社会福祉法人 かりがね福祉会
名称 OIDEYOハウス
事業種別 生活介護事業所
定員 40名
開設 2001年4月